« 早くも'05モデルで悩む | トップページ | ワイヤレスキーボード »

【雪板紀行2004:No1】八甲田スキー場-その1-

オフピステを滑るようになって5年。一度は行ってみたいと思っていたスキー場、八甲田。
私の最も尊敬するライダー、Craig Kellyが生前、Burton.comに掲載されたインタビューの中でシーズンベストトリップの1つに挙げた場所。

念願かなって行ってきました。イヤー、いろんな意味でスゴいとこでした。

八甲田にスキー場があると言うことを知ったのは、数年前。それまでは八甲田というと、高倉健主演の「八甲田山
のイメージしかなかったので、「あんなとこにスキー場があるのかいな」というのが正直なところ。 ^^;
ネットで調べてみると・・・

・山頂までロープウェイで行って、山麓まで滑り降りてくるらしい。
・主なコースは2つ。ほとんどがオフピステ(非圧雪)らしい。
・バックカントリーのガイドツアーが盛んらしい。

面白そう!でも今のレベルでは、難しいかなー ・・・・というのが当時の感想でした。

それから数年、「カナダやニュージーランドでヘリボードも経験したし、大丈夫っしょ。」ということで、今年の3月6日から2泊3日で行ってきました、八甲田スキー場。
今回はそのレポートです。

【ツアーデータ】
スキー場名:八甲田スキー場
日程    :2004年3月6日(土)~8日(月)
利用ツアー:JTB

3月6日(土)

(1)いきなりつまずく

<9:15 羽田空港集合>
本当は朝いち(7:45発)の便で行きたかったんだけど、既に満席とのことで10:20発の便を選択。
この便なら13:00にはスキー場につけるから、1,2本は滑れるはず。そこで足慣らしをしてから、ガイドツアーに申込んでみようという計画です。

空港についてすぐに搭乗手続き。搭乗口は90番。ということはバスで飛行機まで移動することになるので、早めに手荷物検査を済ませて搭乗口へ移動。心はすでに八甲田へ ^^

ところが・・・

搭乗口について案内板を見ると「天候調査中」の文字・・・
追い討ちをかけるように、「青森行きJAL1203便は、条件付運行となります(要するに現地の天候が悪かったら羽田に引き返すよってこと)」というアナウンス。ダイジョウブカ?

<10:10 搭乗開始>
バスに乗り込んで飛行機へ移動。
飛行機は滑走路へと向かうんだけど、待てど暮らせど離陸する気配なし。 ^^;
しばらくして、機長から「滑走路付近が強風の為、離陸を見合わせている」というアナウンスが・・・
青森どころか、東京から出れないのかよー TT

滑走路の上で待たされること1時間以上、ようやく「当機はこれより離陸します」というアナウンスが聞こえたときは、拍手したくなりました。

<12:30 青森空港着>
離陸してからは順調に青森空港へ。で、何事も無かったかのように青森空港に着陸。
散々おどかされた割には実にあっけなく青森に到着です。いやー、よかったよかった。

この時点で1時間以上の遅れ。うーん、1本滑れるかどうかになっちゃった。 
到着口にホテル名を書いたカードを持っているおじさんがいたので、声をかけると「あれに乗って待っていてくれ」といわれる。指差す先を見ると、おぉ、結構大きなマイクロバス・・・の隣のちっちゃなワゴン車でした。 ^^;;

ワゴン車に乗り込んで、宿泊先のホテルへ。


(2)ふ、不安だ ^^;;

<13:30 ホテル着>
空港近くにはほとんど雪がなく、「あまり期待できないかなぁ」と思ってたんですが、ホテルに近づくに従って道路の両脇に雪の壁が出現。さすが八甲田 ^^
ホテルにつく頃には、かなり期待できそうな景色へと変貌を遂げてました。

今回宿泊する「ホテルフジサワ八甲田」はロープウェイの近くにあります。
車の中からロープウェイ乗り場が見えたので、「ここかぁ」と思ってみてみると・・・

あれー??土曜なのにほとんど人がいない...
駐車場に車がほとんど停まってない...
一瞬見えた看板に「運行中止」って出てたような気が...って、

えぇー!!!  ロープウェイ動いてないのー!!!!

チェックインの時に恐る恐る確認してみる。「あのー、今日スキー場は...」
ホテルの人「あ、今日はロープウェイもリフトも運行中止です」


-----終----了----- _| ̄|○


<14:00 ガイドツアーを申し込んでみる>
着いて10分ですることがなくなってしまったわけですが、夕食までボーッとしているのも芸がないので、情報収集を兼ねてホテルの近くを散歩してみることに。
ホテルの入り口にガイドツアーの案内が書いてある紙が貼ってあったので、ホテルの人に聞いてみたところ、

・スノーボードで参加できそうなガイドツアーは、2つある。
・いずれのツアーも、スノーシューとストックが必須。
・持ってない場合はレンタルあり。

とのこと。
事前情報で知ってはいたものの、やっぱりスノーシュー必須というのは不安。なにしろ使ったことがないんだから ^^;;
とりあえず、様子を見に行ってみることにしました。
中にいた人に「ガイドツアーに参加したいんですけどー」と声をかけると、「今日は中止ですよー」という返答が。

私 「いや、明日のツアーに参加したいんです」
ガイド(以下ガ) 「明日は9時30分頃にロープウェイ山頂駅集合です」
私 「はぁ」

というやり取りをしたところでこっちが初心者だと気づいたらしく、いろいろ教えてくれました。

ガ 「オフピステの経験はありますか?」
私 「ニセコとかなら滑ったことがあります。あとカナダとか」
ガ 「スキーですか?」
私 「いや、スノーボードです」
ガ 「スノーシューやストックはお持ちですか?」
私 「何も持ってないんですが・・・」
ガ 「一式レンタルできるから大丈夫ですよ。明日のコースによっては必要ないかもしれないので、明日の朝8:30頃にいらしてください」
私 「わかりました」
ガ 「それでは明日お待ちしてます」

あとは名前と宿泊先のホテル名を伝えるだけで終了。
カナダでヘリボードに行ったときは、結構いろんな紙にサインさせられた記憶があったので、ちょっと拍子抜けでした。

それにしても、オフピステの経験はそこそこあるものの、ここまで本格的なのは初体験。
どんな感じなのか、まったく見当がつかなーい。ふ、不安だ ^^;;;
「こんな感じは、初めて海外にスノーボードしに行ったとき以来だねぇ」なんて事を話しながら、明日に備えて早めに就寝しました。

果たして、無事ツアーに参加できるのか?そもそもロープウェイは運行するのか?
いろんな不安を抱えながら、<次回に続く>

|

« 早くも'05モデルで悩む | トップページ | ワイヤレスキーボード »

「スノーボード」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
八甲田スキー場の続きは無いのですか?
見つけられません。
ガイドツアーはどうなったのですか?

投稿: りー | 2004.10.16 11:49

こんにちは。
すいません、いつか続きを書こうと思いつつ書いてないんです。^^;;
近いうちに書きたいと思いますので、もう少しお待ちください。

投稿: コーセイ | 2004.10.18 13:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5297/386335

この記事へのトラックバック一覧です: 【雪板紀行2004:No1】八甲田スキー場-その1-:

« 早くも'05モデルで悩む | トップページ | ワイヤレスキーボード »