« 札幌は涼しかったのに・・・ | トップページ | MLBにあってNPBにない思想 »

MEGASTAR-II cosmos常設展示開始

MEGASTAR-II cosmos」が、東京の「日本科学未来館 6F ドームシアターガイア」で7/11より常設展示されるようになりました。
「MEGASTAR-II cosmos」は、伝説のプラネタリウムといわれ、期間限定で公開される度に長蛇の列を呼んだ「MEGASTAR」「MEGASTAR-II 」の最新機。

恒星の投影数500万個は世界最多で、ギネスブックに申請中だそうです。

MEGASTARシリーズを個人で(!!)作成された大平 貴之さんは製作のいきさつをまとめた「プラネタリウムを作りました」という本を書かれています。

通常人間の目に見える星は数千個程度なので、厳密には星の集まりである天の川なども人間の目では帯の様に見えてしまうそうです。
大平さんは、天の川を恒星の独立した恒星の集合体として投影することにこだわり、「MEGASTAR」を製作されました。
人間の目では認識できないものまで、徹底的にこだわって作りこむ。従来の常識を打ち破るようなモノは、こういったこだわりから生まれるんだなぁと、この本を読んで感動しました。

私も、以前にニュージーランドの田舎町へ行った時、夜空の星を見て「本当の夜空ってこんなんだったんだぁ・・・」と感動したのを覚えています。
近いうちにもう一度、あの感動を味わいに日本科学未来館へ行ってみたいと思います。(あ、でも夏休み中は混むだろうから9月以降になっちゃうかなぁ^^;;)


川崎にある「川崎市青少年科学館」でも「MEGASTAR-Ⅱ」が1年間の通年公開されています。

|

« 札幌は涼しかったのに・・・ | トップページ | MLBにあってNPBにない思想 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5297/952705

この記事へのトラックバック一覧です: MEGASTAR-II cosmos常設展示開始:

« 札幌は涼しかったのに・・・ | トップページ | MLBにあってNPBにない思想 »